田口淳之介被告も保釈、スーツ姿で20秒間の土下座

大麻取締法違反(所持)の罪で起訴されていた元KAT-TUNメンバー田口淳之介被告(33)が7日、東京・湾岸警察署から保釈された。

田口被告は7時20分ごろ、署を出た。田口被告は黒いスーツ姿。謝罪の挨拶をした後、集まった報道陣に向かって土下座をした。

5月22日に東京・世田谷の自宅で逮捕されて以来、16日ぶりに勾留が解かれた。

元女優小嶺麗奈被告(38)は、15分前の午後7時5分に同署から保釈された。

田口被告は保釈時に、正面を見据えてこう語り出した。「このたびは私が起こした事件で、みなさまにご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。ファンのみなさま、関係者のみなさまに多大なるご迷惑をかけてしまいました。金輪際、大麻などの違法薬物、そして、犯罪に手を染めないをここに誓います。しばらくの間、私自身の芸能活動を休止しますが、しっかりと更正し、罪を償い、1日でも早くみなさまのご信頼を取り戻すべく、必死に生きて参ります。どうかこれからもみなさまからのご指導、ごべんたつの程、よろしくお願い申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」

その後、地面に頭をつけて約20秒間の土下座をした。

弁護人が今月6日に保釈請求し、保釈保証金はともに300万円で決定。勾留期限はいずれも6月2日だったが、3日間の延長が決まっていた。

捜査関係者によると、小嶺容疑者は逮捕当初の調べに「大麻は自分だけのもの」と説明していたが、その後田口被告と同様「2人のものだった」と供述した。

起訴状によると、2人は5月22日、一緒に住んでいた東京都世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持したとしている。関東信越厚生局麻薬取締部に同日、現行犯逮捕された。

その他の写真

  • 保釈され、報道陣の前で土下座する田口淳之介容疑者(撮影・鈴木みどり)