吉本が全タレントに「共同確認書」署名義務づけへ

吉本興業は13日、お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)など、闇営業で反社会的勢力のパーティーに出席して謹慎処分になっている13人の芸人が謝礼として受け取った金額を発表した。

「修正申告及び寄付の実行に関するご報告」と題して、宮迫が100万円、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が50万円などと明らかにした。また、12日までに税務修正申告を済ませた。そして、吉本興業の名前でNPO法人スマイル基金、NPO消費者機構日本に150万円ずつ、計300万円を寄付したという。

それとは別に、反社会的団体から受領した金銭と同額の宮迫は100万円、田村は50万円を、自分たちで選定した公益社団法人全国被害者支援ネットワークに自ら出向いて寄付している。他の11人については、受領した金銭と同額を吉本興業に対して負担させるという。

吉本興業は、タレントと契約書を交わしていないが、「共同確認書」を作成して、所属する約6000人の全タレントに7月中に署名させることも明らかになった。タレントが依頼された仕事を全て会社に報告することなどが明記されています。今後も契約書は作らない。吉本興業では「作らないことは、変わりません。所属タレントとは、口頭で諾成契約を結んでいます」と説明している。諾成契約は、当事者同士の合意のみで契約が生じる契約。