A・ジョリー、コミコンでマーベル新作に出演を発表

アンジェリーナ・ジョリー(44)が20日、米カリフォルニア州サンディエゴで開かれた「サンデイエゴ・コミコン」に出席。マーベル・シネマティック・ユニバースの新作「The Eternals (原題)」に出演することを発表した。

本作で新たにマーベル・ファミリーの一員となるジョリーは、集まった大勢のコミコン参加者らを前に、「ここに来れて、興奮してます。マーベル・シネマティックのファミリーになることが何を意味するかがわかるので、いつもの10倍、一生懸命働きます。皆さんのために全員、一生懸命に努力します」と語った。

同プロジェクトにはセナ役のジョリーの他、リチャード・マッデン、クメイル・ナンジアニ、ローレン・リドロフ、ブライアン・タイリー・ヘンリー、サルマ・ハエック、リア・マクヒュー、マ・ドンソクらの出演が決まっている。

「The Eternals」は、巨大な宇宙種族セレスティアルズが人類への遺伝子実験によって生み出し、不死の肉体が与えられた種族エターナルズを描く物語。映画「ザ・ライダー」(2017年)で高い評価を得ているクロエ・ジャオの監督で、2020年11月に全米公開予定となっている。(ニューヨーク=鹿目直子)