櫻井翔が日本金星に「呆然」連発「すごい日が来た」

嵐の櫻井翔(37)は28日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表がアイルランドを破った試合を生観戦し、「呆然としてます。本当に」と驚きのコメントを寄せた。

日本テレビ系のラグビーW杯中継のスペシャルサポーターを務める櫻井。「超強豪国のアイルランドに日本が勝つ試合を、ここ日本で見ることができるなんて…すごい日が来たなと思います。ジャイアントキリングと呼ばれなくなる日が始まってるのかな、とすら思いました」とコメントし「日本はとても強かったです、すごかったです、呆然としました」と「呆然」を連発。「この試合を日本で見られたのは、忘れられない景色です」と感慨深げだった。

注目した選手には逆転トライを決めたWTB福岡堅樹(27)をあげ「今大会、最初の出番で、いきなりトライをした福岡選手の躍動する姿が見られて、すごく興奮しました」。静岡・エコパスタジアムの雰囲気についても「会場もアイルランドファンの人の大きな声援をかきけすかのように、日本のファンの応援が鳴り響いて、スタジアムが一体となっていました。まさに『ONE TEAM』の名の通り、選手とファンが一体となっているスタジアムに興奮しました」と一体感を楽しんだ。

櫻井は今後の日本代表に「この大きな勝利を必ず次の試合につなげて欲しい。ベスト8を越えるところまでいって欲しい」とゲキも飛ばし、「『日本強い』というのを見せつけた試合だったと思うので、この後の試合もこの勢いのまま、強くなった日本を見せつけてもらいたいと思います」と期待をふくらませた。