チョコプラ長田、グッドデザイン賞の一次審査を通過

お笑いコンビ、チョコレートプラネットの長田庄平(40)が、自身が考案した新型コロナウイルス感染防止アイテムが「グッドデザイン賞」の一次審査を通過したことを報告した。

美大出身で、コントで使用する小道具や衣装も自作する長田は、5月に放送されたTBS系「この差って何ですか?」の企画で、流木を使った商品作りに挑戦。その1つ、「ノータッチリング」は、指にはめてエレベーターなどのスイッチを押したり、ドアノブを回すためのアイテムで、自身のインスタグラムでは「ノータッチリングは【木製】なのでドアノブやスイッチを傷つける心配がありません!しかも!抗菌作用のある【柿渋】で塗装コーティング!清潔性もバッチリ!!」とアピールしていた。

3日の更新で、「グッドデザイン賞 一次審査通過したーーー!!」と、送られてきた封筒の写真とともに報告。「しれっと《ノータッチリング》でグッドデザイン賞にエントリーしてました!」と明かし、「今年の賞レースはこれじゃ!!」と気炎を上げた。