成海璃子が結婚「温かく見守って」今月一般男性と

女優成海璃子(28)が23日、所属事務所の研音を通じて、9月中旬に一般男性と結婚したと発表した。

「私事ではございますが、この度、結婚いたしましたことをご報告させていただきます。お相手は一般の方で、2020年9月中旬に入籍いたしました。今後も変わらずに仕事を続けていきたいと思いますので、温かく見守って頂けますと幸いです。今後とも宜しくお願い致します」

関係者によると、成海は相手と一緒に都内の区役所に婚姻届を提出。結婚式や披露宴は未定だという。

成海は、2000年(平12)にテレビ朝日系「TRICK」で仲間由紀恵演じるヒロイン山田奈緒子の幼少期を演じてドラマデビューし、05年の日本テレビ系「瑠璃の島」でドラマに初主演して注目を浴びた。07年「神童」で映画に初主演。19歳だった12年にはNHK大河ドラマ「平清盛」では平滋子を演じ、高く評価された。

今年に入っても、7月に公開された故大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館-キネマの玉手箱」に出演。21年の大河ドラマ「青天を衝け」では、吉沢亮演じる主人公渋沢栄一のいとこで、高良健吾が演じる喜作の妻よしを演じることが決まっている。