東洋大が新記録V 追随許さず/箱根駅伝

<第90回箱根駅伝>◇3日◇復路◇箱根-東京(5区間109・9キロ)

 ライバルの追随を許さず、東洋大が復路も5時間25分38秒の新記録を樹立。通算10時間52分51秒で、2年ぶり4度目の総合王者に就いた。

 2位駒大に59秒差のトップで出発。スタート6区からその差を広げ、5区間中3つの区間賞を獲得。史上4校目の年度3冠を目指す駒大に4分34秒の大差をつけて、大手町にフィニッシュした。

 アンカーの大津顕杜(4年)に続いて胴上げされた酒井俊幸監督(37)は「2位ばかりが続き心が折れそうな時もあった選手たちが、パーフェクトな走りをしてくれた。支えてくれたすべての人に感謝します」と選手を称賛。

 前日の往路でアンカー(5区)を務め区間賞を獲得した設楽啓太主将(4年)も「走りでキャプテンらしい仕事ができた。復路は、往路以上に差を広げてくれるだろうと信じていました」と、結束を勝利を強調していた。

 

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新