延岡学園が2点差勝利でV2/高校バスケ

<全国高校バスケット選抜優勝大会:延岡学園68-66尽誠学園>◇最終日◇29日◇男子決勝◇広島グリーンアリーナ

 2年連続で同じ顔合わせとなった男子決勝は延岡学園(宮崎)が尽誠学園(香川)に競り勝ち、2年連続2度目の優勝を果たした。

 一時は23点差あったリードを追いつかれた直後に司令塔・寺園脩斗主将(3年)が3点シュート2本を決め流れを引き戻した。最後はエースのジョフ・バンバ(3年)が決勝点となるレイアップシュートを決めた。

 9月1日に就任した内村昌弘コーチ(29)は「チームに色んなことを教えてもらった。子ども達に勝たせてもらった」と話した。

 U-18(18歳以下)日本代表の渡辺雄太(3年)擁する尽誠学園(香川)は最後まで食い下がったが一歩及ばす。涙の尽誠学園には会場全体から大きな拍手が寄せられた。

 

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新