【令和版スクール☆ウォーズ:後編】伏見工の山口良治に教え請い「東福岡を倒して花園に行こう」

人はみな夢や憧れを抱く。ただ、それを実現できる人はそう多くはない。「小さい頃からコンプレックスがあった」。そう明かした不登校で体の小さなラグビー選手は、いかにして全国制覇を目指すようになるのか―。浮羽究真館高ラグビー部・吉瀬晋太郎監督(36)の第2章。(前後編の後編、敬称略)

ストーリーズ

益子浩一


マネジャー宣告から1軍つかむ

高校3年の時、福岡県予選で東福岡に0-133で大敗した吉瀬は、林業に進む当初の未来図を変える。

「僕は小さい頃から、人とは違ってコンプレックスがあった。学校にも行けませんでした。世間から遠く離れたくて、本気で樵になろうと考えていた。でも、どこかで世間に未練があった。ラグビーに未練があったんです。

今でも覚えています。東福岡の選手の筋肉と顔つき。同じ高校生だけど、同じ高校生ではなかった。ラグビーの高みに触れた気がしました。彼らと戦って、もう1度、日本一を目指すことができるのならば、人生をかけてそこにたどり着いてみよう。そう思ったんです」

その頃、たまたまNHKで放送していた関西大学ラグビーの試合を見た。同志社大学と京都産業大学が優勝をかけて戦っていた。

雨の京都、宝ケ池球技場。ふと映し出された映像に心を奪われた。

「当時も同志社は大学のスター選手がそろっていて、それに打ち勝とうと京産大の選手は足首にタックルを繰り返していたんです。京産大の監督はブレザー姿のままずぶぬれでグラウンドに立っていた。宝ケ池は枯れた芝で、選手も監督も泥まみれ。その光景に衝撃を受けました」

受験勉強はしていなかった。覚悟を決めると寝る間も惜しんで机に向かった。

「目が開いている間はずっと勉強をしました。入れれば学部はどこでも良かった」

一般入試で京産大法学部と東海大に合格。迷うことなく京産大を選んだ。

たたき上げの精神で無名の選手を強化する「雑草軍団」とはいえ、スポーツ推薦で入学してくる部員がほとんど。その年、一般入試で入部したのは2人だけ。吉瀬と、1浪して入学したCTBの石蔵義浩。福岡の名門・筑紫丘高校出身でオール福岡に入るほどの選手だった。

推薦の「セレ組」には、後に日本代表としてW杯に出場するプロップの山下裕史。1学年上には、同じく日本代表になるSH田中史朗がいた。

「お前が一般入試で来たヤツか。練習の邪魔になるから、山を走ってこい」

どうせ音を上げて、すぐ辞めるだろう。先輩からはそう思われていた。

タックルバッグを持って選手を指導する浮羽究真館高の吉瀬晋太郎監督

タックルバッグを持って選手を指導する浮羽究真館高の吉瀬晋太郎監督

1軍にあたるAからDチームまであった。それに入れない選手はひたすら走るだけ。特に、鴨川の源流がある雲ケ畑までの走り込みは部員を震え上がらせた。山の中腹からはグラウンドが見える。他の部員が「日本一厳しい」とされる過酷な練習をしている光景すら、うらやましく思えた。

2年になる春、卒業する4年生から告げられた。

「お前は選手としては無理やから、マネジャーになった方がいい。主務をしてくれへんか」

吉瀬はこう答えた。

「どうしても選手としてうまくなりたいんです。お願いです、やらせてください」

その日から、今まで以上に練習をするようになる。

まだ薄暗い中での朝練から始まり、授業を経て、放課後は夜まで練習が続く。みんながクタクタになって寮に戻ってからも、居残りをした。唯一の休日となる月曜日でさえ1人で朝から筋トレをし、雲ケ畑まで走った。

58キロしかなかった体重は73キロまで増えた。2年でBチームに入るようになり、3年になるとついにAチームのメンバーに選ばれる。

体の細い、一般入試で入った選手は、ひたむきな努力で1軍にはい上がり、伝統のジャージーを着ることとなる。2006年のことだった。

そのシーズン、京産大は全国大学選手権で9季ぶりに4強入りする。2007年1月2日の準決勝。早稲田大学に12-55で敗れるが、大観衆の国立競技場は記憶に刻まれた。SHに田中、プロップに山下、2年生フランカーには後に神戸製鋼で主将となる橋本大輝。

その控え選手に、背番号22の吉瀬はいた。

卒業後はハウスメーカーに就職し、ラグビーから遠ざかった。しかし日本一を目指してきた情熱は薄れるどころか、より強くなる。1年半で退職。

高校のラグビー部を率いて全国制覇を目指すことを決めたのは、この頃だった。

寮で勉強をする浮羽究真館高ラグビー部のメンバー

寮で勉強をする浮羽究真館高ラグビー部のメンバー

教職を取得するため、科目履修生として京都教育大学と滋賀大学に通うようになる。その後、教育実習をするため京産大に復学。監督(当時)の大西健に頼み、コーチとしてラグビー部を指導することになった。

収入はない。生活はギリギリだった。

真面目だけが取りえの教え子が貯金を崩しながら生活をし、アルバイトもせずに後輩たちを教えていることを大西は悟る。

ある日の練習終わり。日の沈んだグラウンドで、声をかけられた。

「おい、晋太郎。お前、ひと月、どれくらいで生活しとんねん?」

どう答えたらいいか分からなかった。アパートの家賃だけで4万円ほど。食費に光熱費なども含めれば、どんなに切り詰めても10万円はかかる。悩みながらもそれを伝えると、翌日に茶封筒を差し出された。

「これな、10万円入っとるから。生活費の足しにしてくれ。心配せんでええ」

教職をとるまでの1年間、毎月渡してくれた。

その恩は生涯、忘れることはない。

「先生は、『晋太郎、これ10万あるからな』と言うのですが、いつも封筒をあけると、多めに12万円が入っていました。どれだけ感謝してもしきれません」

当時のことを大西に尋ねると、笑いながらこう言った。

「もう昔のことは忘れたわ。そんなこともあったかなあ。晋太郎は俺の“息子”やからね」

身銭を切って教え子を支え、夢をかなえさせようとしたのである。

コーチを務めた期間、大西が学生に伝える言葉の全てをメモにとった。アパートに帰ると、すぐにパソコンに入力する。

それが礎となり、指導者となった今も生きている。

教えの1つに揺るぎない信念がある。

「いついかなる時もチャンピオンシップを目指す集団であること」-

日本一という野心を抱かせながら、大西は2019年に退任するまで47年間もの間、部員を育ててきた。

その意思は受け継がれる。

3月に行われた浮羽究真館高ラグビー部の卒部式

3月に行われた浮羽究真館高ラグビー部の卒部式

この春に高校3年となる松本航大は、吉瀬の指導を受けるために北九州市の小倉から浮羽究真館高ラグビー部の門をたたいた。

花園への出場歴のある高校からの誘いを断り、今は寮である温泉旅館で仲間と寝食をともにする。

「高校を決める時に、吉瀬監督からたくさん声をかけて頂きました。印象に残っているのは『東福岡を倒して、花園に行こう』という言葉です。僕が今まで会ってきた人の中で1番熱く、尊敬をしています。強い選手ではなくても、ひたむきな努力を重ねてきた人。努力をすれば、必ず目標はかなうということを、監督の背中から教えてもらいました」

かつて伏見工業を率いた山口良治も生徒に揺るぎない愛情を注ぎ、心を1つにすることで全国制覇へと導いた。吉瀬は京産大に復学したコーチ時代、知り合いを頼って伏見工業に顔を出すようになっていた。

年老いた最近はめったにグラウンドに顔を出すことがなくなった山口にも会い、教えを請うている。

若かりし頃の山口がそうだったように、ジャージー姿で部員と体をぶつけ合い指導する。情熱は共通するものがある。

「伏見工業の影響は受けています。授業に遅刻をさせないために朝練をするのも、参考にさせてもらいました。

今年は県の決勝には進みたい。手を伸ばせば、届くところにある。達成できれば、全国制覇へ1歩近づけると思うんです」

この春、入学する生徒でラグビー経験者は6人だけ。コロナ禍で中学を回れなかったことが影響し、例年よりも減った。

ただ、信念は変わらない。

4月になれば手紙を出すつもりだ。

「一緒に全国制覇を目指そう」-

入学してくる男子生徒全員へ、思いを伝えるために。

「スクール✩ウォーズ」 84年からTBS系列で放送。伏見工ラグビー部を描いた学園ドラマ。山口良治監督をモデルにした熱血教師役を山下真司が、平尾氏をモデルにしたエース役を四方堂(しほうどう)亘が務めた。麻倉未稀の主題歌「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」が大ヒット。