戻ってきた朝乃山 心鬼にして厳しく接した“富山のじいじ”に応えることが出来るか

日本相撲協会の新型コロナウイルス感染対策ガイドライン違反による6場所出場停止が明け、7月の名古屋場所で朝乃山(28=高砂)が土俵に帰ってきた。横綱昇進も期待された大関経験者が、約1年ぶりの本場所で西三段目22枚目から再出発。出場停止期間中に祖父、父が亡くなる中、師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)ら周囲に支えられ“みそぎ場所”を7戦全勝で制した。

ストーリーズ

佐々木隆史、平山連

三段目で優勝した朝乃山

三段目で優勝した朝乃山

規則破り6場所出場停止

関取以上が結える大銀杏(おおいちょう)ではなく、幕下以下の若い衆と同じまげ姿。大関時代の紫色の締め込みではなく、若い衆と同じ少し色あせた黒色のまわし。朝乃山は贖罪(しょくざい)の思いを背負って名古屋場所を全うした。

7月11日、2日目に迎えた一番相撲。午後0時半過ぎ。まばらな観客席から、ひときわ大きな拍手が送られた。朝乃山が西の花道に入ってきた。

昨年夏場所11日目の5月19日以来、418日ぶりの本場所の土俵。ようやくたどり着いた復帰の一番。鋭い立ち合いから、一気に剛士丸を寄り切った。

「めっちゃ強かったす。向かい合った時に一番圧(力)みたいなのを感じた。今まで感じたことないほどでした」。そう剛士丸が驚きを交えて振り返ったほどだ。

名古屋場所2日目、剛士丸(左)を攻める朝乃山=2022年7月11日 

名古屋場所2日目、剛士丸(左)を攻める朝乃山=2022年7月11日 

直後のリモート取材で朝乃山は、まっすぐな瞳で「一番辛かったことは不祥事を起こした時に相撲協会にウソをついたことです。ウソをついたことで日本相撲協会や部屋のみんな、ファンの皆さんには応援してもらえないと思っていた。まだ許される訳ではないけど、土俵の上で戦っていく姿を皆さんに見てもらって信用を取り戻していきたいです」。

昨年5月、順風満帆だった土俵人生が暗転した。

世間同様、角界も新型コロナウイルス感染拡大の渦に巻き込まれていた。当時、大関だった朝乃山に外出禁止期間中の度重なる外食が発覚した。

日本相撲協会作成の新型コロナ感染対策のガイドラインに違反。そして同協会の事情聴取に1度は否定し、虚偽報告をした、協会の看板という立場でありながらの愚行に6場所出場停止処分という重い処分が下された。

そこへ追い打ちをかける出来事が起きた。

昨年8月、地元富山で暮らす母佳美さんと無料通話アプリ「LINE」で連絡を取り合っている時に、父靖さんが倒れたとの一報が入った。そして8月16日、急性心原性肺水腫により64歳の若さで亡くなった。

協会の許可を得て地元に戻り、父のなきがらと対面した。感情を抑えることはできなかった。その2カ月前の6月には祖父を亡くしていただけに、「自分のせいだ」と責め続けた。「もう相撲はできない」。角界から去ろうと考えた。

帰京後、師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)に自身の身の振り方を相談した。「辛抱して頑張ろう。家族のためにも頑張ろう」。強く引き留められた。母佳美さんも同じ気持ちだった。「やっぱり相撲は辞められない。相撲から逃げない。父のためにもはい上がってやる」と奮起した。 新十両昇進を機に富山商高時代の恩師、浦山英樹さん(故人)からもらったしこ名「朝乃山英樹」。だが大事にしてきた下の名前を、復帰する時には父が名付けてくれた本名の「広暉」に改名すると決めた。

幕下に陥落した3月の春場所からは、他の若い衆と同様にちゃんこ番や掃除などの雑用係を自らこなした。大関経験者というおごりは打ち消した。

名古屋場所前の朝稽古中に師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)と話す元大関の朝乃山

名古屋場所前の朝稽古中に師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)と話す元大関の朝乃山

部屋関係者もさまざまなことに注意を払った。関取になれば自身のしこ名が入った浴衣を着ることができるが、幕下に陥落してからは着させていない。

「今の立場を考えて、土俵に上がらせて頂いている、という気持ちでなければ。1年間の謹慎期間をへて『朝乃山は変わった』と思われるようにしないと」。周囲の厳しくも温かい指導に支えられながら、雌伏の1年を過ごした。

なぜ大相撲に入ったのか-。原点を見つめ直した朝乃山の強さは際立っていた。復帰戦を鮮やかな白星で飾ると、そこからは連勝街道だった。

■3日目(7月12日)■ 錦国を上手出し投げで下して2連勝。立ち合いすぐに左上手を取り、軽々と投げを決めた。

■6日目(7月15日)■ 幕下経験者の北勝丸に右差しはうまく抜かれたが、左上手は離さず右手で相手の頭を押さえながら上手投げで転がしての3連勝。

■7日目(7月16日)■ 和歌桜を立ち合いから一気に突いていき、突き出しての4連勝。

■9日目(7月18日)■ 琴大龍を寄り切りで破り5連勝を飾る。

■11日目(7月20日)■ 勝呂に立ち合いから突き押しで攻められたが、引かずに前に出る姿勢は崩さず。じりじりと土俵際へ追い込み押し出しての6連勝。

■13日目(7月22日)■ 全勝同士の一番で大青山を寄り切り、7連勝で三段目優勝を飾った。

支えてくれた人たちへ感謝の思いを結果で表現した。その視線の先には大事な故郷。その富山からゲキを飛ばす人がいる。朝乃山の富山商高時代の監督だった浦山英樹さん(故人)の父、松男さん、74歳だ。

「こんなものじゃないだろ」「もっとできるとだろ」。天国にいる息子と咤(しった)を送り続ける。

「周りのみんなは7番全部勝って喜んでいたけど、勝って当然ですよ」と冷静な視線を崩さない。

亡き英樹さんは、左肘を負傷して相撲を辞めようと思っていた中学時代の朝乃山に対し「富商に来い。俺が強くしてやる」と声をかけた。また、近大在学中には角界入りの背中を押した。そんな恩師は17年1月、がんで40歳の若さでこの世を去っている。

浦山さんによると、帰省のたびに朝乃山は恩師への報告を欠かさなかったという。義理堅さや真面目な性格といった一面を知るにつれ、英樹さんが亡くなってからはあえて厳しく接するようになった。孫ほど年の離れた28歳に対し、親身になって向き合った。

富山商高時代の恩師浦山英樹さんが亡くなった後、自宅を訪れた朝乃山と撮った記念写真。上段左から4人目が父の松男さん

富山商高時代の恩師浦山英樹さんが亡くなった後、自宅を訪れた朝乃山と撮った記念写真。上段左から4人目が父の松男さん

名古屋場所前、英樹さんの仏壇に手を合わせるために訪問した朝乃山に対し、浦山さんは言わねばならぬと心を鬼にした。

「お前の言葉、行動がみんなの注目を浴びる。気を付けなきゃいけないことをもっと自覚しろ」

「会社員なら、所属する組織のルールがある。日本相撲協会の言うことをちゃんと守らないといけないだろう」

「どこから給料をもらって生活しているのか、よく考えないといけないぞ」

建設業界で50年あまりを勤め上げた経験を踏まえ、あえて厳しい言葉をぶつけた。帰り際に「1年で幕内に復帰します」と朝乃山は決意を述べたという。

亡き父、亡き恩師に代わり、朝乃山に愛情持って接する。そんな人がいる限り、もう慢心することはない。

二番相撲以降は口をつぐんでいた朝乃山だったが、優勝を果たした七番相撲後に思いを発した。

「中学、高校、大学、それぞれの先生の指導がなければ大相撲に入っていない。裏切ってしまった。今日優勝して終わる訳ではない。まだ来場所もある。皆さんに応援してもらえる力士を目指したい」

反省の念は尽きない。だが過去は振り返らない。1人の力士として前を見据える。生まれ変わった男。「朝乃山広暉」としての新章が、名古屋から始まった。