日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

チェレブリタ内強襲で穴あける/エ女王杯

<山本幸史のヤマを張れ:エリザベス女王杯>

 最内強襲チェレブリタが穴をあける! 「ヤマを張れ」の山本幸史は、全4勝中3勝を京都で挙げているコース巧者に◎。前走の府中牝馬Sは10着に終わったが、勝負どころで前が詰まる不利があった。絶好の2枠3番を引き、岩田康誠という強力なパートナーを得て、直線一気に抜け出す。

 強力な末脚を持つ馬が後方にいる場合、まず狙いになるのが先行馬。ただ、今回は逃げたいテイエムプリキュアに「何が何でも逃げる」クィーンスプマンテと逃げ馬がそろった。リードを広げたいタイプの2頭が残るとは考えにくい。中団より前を追走する各馬も外を回すブエナビスタを警戒すれば自然とあくのは内。波乱を呼ぶのはロスなく脚をためてくるノーマークの差し馬だ。チェレブリタの一発に期待する。

 前走の府中牝馬Sは完全に脚を余した。最後方から加速した時に他馬に前に入られ、ブレーキをかけざるを得なかった。決して勝負付けは済んでいない。今回はロスなく内を追走できる2枠3番と絶好枠をゲット。これなら中団を進んでも自然と壁を作って追走できる。イチかバチかで突っ込める勝負根性がG1の舞台で生きるはずだ。

 舞台も絶好だ。今年2月の京都牝馬Sを制したのをはじめ、京都コースは8戦3勝。平たんな直線コースのある競馬場では10戦6連対。4勝も挙げている平たん巧者。中山巧者のマツリダゴッホが有馬記念を勝ったり、東京でウオッカが強さを見せたりと、得意コースで持ち味を最大限に発揮するタイプが多い。チェレブリタにとって京都G1は願ってもない舞台だ。

 あん上には魅力たっぷりの岩田騎手を迎えた。秋G1ではこれまで40戦して4勝2着3回あるが、この中で人気馬での勝利は昨年末朝日杯FSのセイウンワンダー(2番人気)だけ。昨年の秋華賞で11番人気のブラックエンブレムを勝利に導いたのをはじめ、04年の菊花賞を制したデルタブルースは8番人気、07年JC勝ちのアドマイヤムーンも5番人気だった。秋の岩田は穴党にうれしい騎手。斉藤厩務員が「誰が乗っても乗りやすいと言ってくれる」というほどあん上の意のままに操れるタイプの馬で、テン乗りそのものもまったく問題ない。

 最後に道悪が後押しする。レース当日こそ晴れ予報だが、14日の京都競馬場は雨。渋った馬場で競馬が行われれば馬場は一気に悪化する。チェレブリタはやや重4、1、1着。勝った2戦はいずれもメンバー最速の上がりを繰り出す道悪巧者でもある。京都牝馬Sもやや重発表だが、当日前半のレースまでは重。見た目にも馬場はかなり荒れていたが、一瞬の末脚で馬群を割ってきた。他馬が苦にする荒れた内をチェレブリタが突き抜ける。

 [2009年11月14日8時41分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

チェレブリタ

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  ブエナが圧倒的1番人気/エ女王杯 - 競馬ニュース
  2. 2  ブロード柔軟対応でブエナ逆転/エ女王杯 - 競馬ニュース
  3. 3  ブエナ直線延長で破壊力発揮/エ女王杯 - 競馬ニュース
  4. 4  えっ63歳になるの?なんだかなぁ~ - 社会ニュース
  5. 5  ブエナが自慢の末脚で差し切る/エ女王杯 - 競馬ニュース



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです