このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

ペールギュントが力強く先着/阪急杯

<阪急杯:追い切り>

 ペールギュントは坂路でフローテーション(3歳オープン)と併せた。上村騎手が追うと力強く伸び、半馬身先着。上村は「動きは良かった。いい状態だね」と万全をアピールした。高松宮記念2着の実力馬だが前走シルクロードSでは9着。橋口師は「逃げた馬を追いかけすぎたね。馬場の悪いところを通らされた」と悔やむ。今回は開幕週の阪神。「きれいな馬場で走れるのはいい。1400メートルもレースしやすい」。5戦ぶりにコンビを組む上村とともに勝利を狙う。

[2008年2月28日8時25分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ