J3岩手グルージャ盛岡は20日、成績不振により松原良香監督(49)を解任すると発表した。後任はユース監督の中三川哲治氏(52)が昇格する。

岩手は昨季、J2で22位となりJ3に降格。今季は、松原監督を招き、J2返り咲きを狙ったが、これまで9勝6分け12敗の勝ち点33の14位に低迷していた。

松原監督はクラブを通して以下のようにコメントした。

「いわてグルージャ盛岡を応援いただきありがとうございます。

どんな時も前向きに背中を押してくれていたファン、サポーター、日頃より私を支えてくださっている周りの皆さまには感謝の言葉しかありません。

私のミッションは、J2昇格とボトムアップでした。

開幕当初は良いスタートが切れ首位にいたこともありました。

あの時の躍動感は今シーズンのグルージャ盛岡らしく今も鮮明に覚えています。

しかしここ最近は結果が伴わず、皆さんに対し申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

ここには最高の選手、最高のスタッフがいます。

そして支えてくれる秋田社長がいます。

彼らならこの先必ず巻き返してくれると信じています。私はここでチームを離れますが本当にありがとうございました。

皆さん、これからもいわてグルージャ盛岡をよろしくお願いします。

次の試合は必ず勝利してくれると信じています!」

内部昇格する中三川新監督は、本田技研や鳥栖フューチャーズなどで、FWやDFとしてプレーし、高校サッカーや女子サッカーの指導者などをへて20年から岩手に加入。トップチームのヘッドコーチやユースチームの監督などを務めた。

中三川新監督のコメントは以下。

「日頃より、いわてグルージャ盛岡に対し温かいご支援やご声援いただきまして誠にありがとうございます。

2020年から岩手県の皆様に、勇気と希望を与える事を目標に掲げこの地に来ました。

私自身のいわてグルージャ盛岡でのJ3の経験を活かしてこの状況を打破していきたいと思います。またJ2の舞台に戻れるようこれから懸命に励みます。最後に、いわてグルージャ盛岡を支えてくださるファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、引き続きよろしくお願いいたします」