日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 野球
  2. ニュース

野球ニュースのRSS

山井ノーヒッター 落合氏「次は完全を」

ノーヒットノーランを達成した山井は、谷繁に抱え上げられガッツポーズ
ノーヒットノーランを達成した山井は、谷繁に抱え上げられガッツポーズ

<DeNA0-9中日>◇28日◇横浜

 07年、あの日本シリーズから6年…。あの男がついに成し遂げた。中日山井大介投手(35)がDeNA10回戦(横浜)で、史上77人目(88度目)のノーヒットノーランを達成し、今季2勝目(3敗)をマーク。07年の日本シリーズ第5戦(ナゴヤドーム)では完全試合を目前にしながら9回に交代した落合博満前監督の采配が議論を呼んだ。WBC落選、シーズンでは不調と苦しんだ右腕が復活。昨年は3選手が成し遂げたが、今季は両リーグを通じ初の快挙だ。

 山井は、女房役の谷繁に抱きかかえられた。横浜の夜空のスコアボードにはゼロが9個並んだ。安打を示す「H」も0。ついに、ついにノーヒッターの仲間入りだ。仲間の手荒い祝福にトレードマークのゴーグルがずり落ち、帽子のひさしも横に向いた。見た目は決して良くなかったが、ヒーローは文句なしに格好良かった。お立ち台では「本当に、あの、信じられないですね。8回くらいから意識しました。僕1人でできたことではなく、チームのみんな、支えてもらった人に感謝しています」と興奮を抑えるように言った。

 決して調子は良くなかった。「狙ったところに何球いったかなというくらい」と振り返ったように、4四球と苦しんだ。同僚で球界屈指の制球を誇るエース吉見に「一番すごい球は、狙ったところに投げられる山井さんのスライダー」とあこがれさえ抱かせる超一級品のボールではなかった。では何が良かったのか? 気持ちの持ち方だった。

 1回に味方打線が一挙7点を奪ってくれた。投手陣が不振のチームは67試合完投なしの球団ワーストタイ。「初回にあれだけ取ってもらったので絶対に最後まで投げないといけないと思った」。9回完投という一点に意識を集中させていた。

 忘れもしない、6年前の日本シリーズ。8回までパーフェクトも、9回は岩瀬にマウンドを譲った。当時を思い返し、少し沈黙した。「考えてはなかったけど、できたという感じ」と感慨にふけった。神戸弘陵3年時の練習試合で9回2死から代打に振り遅れの右前打を打たれ、あと1人で失敗。04年のウエスタン・リーグ近鉄戦(豊橋)でも9回1死から安打を許した。3度目が日本シリーズ、そして10年の巨人戦(ナゴヤドーム)では9回先頭の坂本に被弾し交代。実に5度目の挑戦だった。「縁がないのかなと思っていました」。過去の失敗から学び、9回はスコアボードを見ずマウンドに立っていた。

 WBC日本代表から落選し、4月にはこの球場で昨季までの同僚ブランコに特大サヨナラ3ランを浴びた。「4月の悔しさを忘れずやってきました。本当にいい1日になりました」。やられたらやり返す-。これぞプロ。好投手山井が大きな勲章を手に入れた。【八反誠】

<落合博満氏(日刊スポーツ評論家)のコメント>

 過去に76人しか達成していない記録。そう簡単にできることじゃないし、よかったじゃないか。いかにしてボール球を振らせるか。それができれば、もともとこれぐらいの結果を残せる力は持っている。ノーヒットノーランに満足せず、次は完全試合を目指してほしい。これをきっかけにして、今年は2ケタ勝つことを期待している。

 [2013年6月29日7時20分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞