日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

桜井くみ子、見た目アイドルも演歌で勝負

「あばれ船」でデビューする演歌歌手の桜井くみ子
「あばれ船」でデビューする演歌歌手の桜井くみ子

 アイドル並みのルックスと声量豊かな歌唱力を兼ね備えた演歌歌手桜井くみ子(27)が、2日に「あばれ船」でデビューする。海に生きる男のひたむきな生きざまを歌い上げ、聞き手の心にズンズンと響いてくるド迫力を持つ王道演歌だが、ビジュアルはかわいらしい。そのギャップが魅力のようだ。

 歌好きな両親の影響で、4歳からテレビのカラオケ大会などに出演。歌手になりたい気持ちを抑えられず、18歳で大阪の短大を中退して単身上京した。すぐに歌唱レッスンに定評のある作曲家藤竜之介氏の内弟子になり、厳しいボイストレーニング、着物の着付けなど演歌修業をみっちりと重ねてきた。

 だが、演歌歌手のオーディションは数少ない。6年前に日本クラウンの創立40周年新人オーディションに挑戦、決勝大会には残ったが、デビューには至らなかった。上京3年目に「あきらめて戻っておいで」と両親から懇願されたが「自分で1度決めたことは曲げたくない」と初心を貫いた。頑固一徹が花開き、ついに昨年の日本クラウン創立45周年新人オーディションでデビューをつかんだ。

 性格の自己分析も「頑固で負けず嫌い」だという。歌詞にある「負けてたまるかよ」「ここは勝負だぜ」というフレーズが、「私の今の心境と性格そのまんまです」と話す。曲は作詞のたかたかし氏が、桜井の声質、声量、人柄などを知った上で書き下ろした。

 根性も座っている。自分のことを「雑草」と呼び、「だから簡単には倒れません」と演歌1本で歩むことに迷いはない。10代でデビューするアイドル系歌手が多い中、27歳でのスタートラインは遅咲き。「確かに遅いけど、出るタイミングは人によって違う。私は私でいいと思います」。9年間デビューを待った“桜”井がいよいよ花開く。

 [2008年7月1日9時2分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは






芸能ニュースランキング


この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  高橋愛・新垣里沙がピンク・レディー - 芸能ニュース
  2. 2  市原悦子の「家政婦は見た!」が終了 - 芸能ニュース
  3. 3  本気?吉本女性芸人がアイドルユニット - 芸能ニュース
  4. 4  織田裕二湘南へ「教師で帰ってきました」 - 芸能ニュース
  5. 5  梶原雄太、M-1優勝できなかったら離婚 - 芸能ニュース



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです