日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

尾崎ゴール前「スカっと」逆転/駅伝

日記を書く

<陸上:東日本実業団対抗女子駅伝>◇3日◇さいたま市~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(6区間、42・195キロ)

 第一生命が2時間17分21秒のタイムで、2年連続2度目の優勝を飾った。33秒差でタスキを受けたエースの尾崎好美(30)が、最終6区で20分41秒の激走。先行する積水化学をゴール前100メートルで大逆転し、昨年に続いてトップでゴールテープを切った。

 尾崎は「勝てる確信はなかった。途中であきらめそうになったけど、姿が見えていたので強い気持ちで走った。久しぶりにスカッとした気分です」と満足そうに話した。また、山下佐知子監督は「トラックの残り1周で、相手のペースが落ちていたので逆転できると思った。勝たなきゃいけないレースだった。苦戦したけど勝ててうれしい」と話した。

 尾崎は20日に行われる横浜国際女子マラソンにエントリー。来年のロンドン五輪出場をかけて、再び大一番を迎える。8月の世界選手権では「金メダル」を公言した末に18位と沈んだことを踏まえ、「今回は内に秘めます。言葉より走りで示したい」と話した。

 [2011年11月3日18時2分]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞