明豊(大分)が一関学院(岩手)に最大3点差を逆転し、5年ぶりの16強に進んだ。5-5の9回1死満塁で、生徒会長の牧野太一内野手(3年)が決勝打。直前の片岡快学生コーチ兼記録員(3年)のアドバイスが殊勲の一打を生み出した。1回戦に続き、片岡コーチにウイニングボールを渡す予定。初の全国制覇で、縁の下の力持ちに6つの勝利球をプレゼントする。

 ◇    ◇   

明豊が息詰まる接戦をものにした。2回までに3失点。追い上げては突き放され、勝ち越しては追いつかれるシーソーゲームに終止符を打ったのは、明豊の生徒会長、牧野だ。「ピッチャーが粘り強く投げてくれていた。必ず9回で勝ち越したかった」。5-5の9回1死満塁で決勝の左前適時打を放った。

「野球だけじゃなく学校でも活発に活動することで、多くの人が応援してくれる。それが力になる」

勤勉な生徒会長が、1回戦の樹徳戦から2試合連続でヒーローになった。

明豊には縁の下の力持ちがいる。昨秋に選手から学生コーチに転身した片岡コーチだ。ナインからプレゼントされたノックバットを手に、日々選手を鍛え上げる。緩んだ雰囲気と思えば「そんなんで甲子園優勝できるのか?」とゲキを飛ばした。「嫌われるのは怖い。だけど言わないと変わらないので」。副主将であり、試合では記録員としてチームを支えている。

牧野の決勝打も、片岡コーチの言葉が後押しした。「『いつも通り柔らかく打っていけ』と言われました。本当に片岡のおかげで打てたぞと言いたいです」。

1回戦のウイニングボールは、主将の江藤が片岡コーチに渡した。片岡コーチは宿舎の自室に飾っているという。そしてこの日も、2つ目を渡す予定だ。ナインの目標は優勝して6つのウイニングボールをプレゼントすること。明豊ナインの恩返しは、まだまだ続く。【只松憲】