オリックス宮城大弥投手(20)が、プロ2年目で自己ワーストとなる5点を失い、5回で降板した。初回にレアード、エチェバリアの適時打で3点を失い、2回は中村奨の適時打、3回は2死から山口、藤岡の連打で5点目を失った。

「ここが一番大事なゲームというところで、全然投げることができなくて。申し訳ないです、ということしかありません」と肩を落とした。ここまで12勝3敗と貯金9をチームにもたらしてきたが、相手先発のロッテ佐々木朗が6回無失点と好投しただけに、悔しい結果となった。

【関連記事】オリックスーロッテ詳細ライブスコア