ソフトバンクは23日、宮崎春季キャンプを打ち上げた。就任1年目の小久保裕紀監督(52)の一問一答。

-キャンプを締めて

小久保監督 (渡辺)陸と野村勇のケガはありましたけども、ケガ人は少なかったっていうのは良かったなと思います。

-総括は

小久保監督 シーズン同様のウオーミングアップ、入りにしていこうという話をしていたので。中盤からは各自アップになりましたし、朝の時間の使い方とか。トレーナーさんの働き方改革では、食事前には(業務を)全部終えられたとか。比較的みなさんが過ごしやすかった1カ月じゃないかなと思います。

-トレーナーの働き方改革を推進した意図は

小久保監督 だって(仕事を)朝の5時半とか6時からやって、夜中は11時~12時までやってる。トレーナーだけ異様に働くでしょ。全体練習を早く終わってあげれば、こっち(球場)でほとんど終わらせられる。みんな気持ちよく働いてもらいましょうという。

-オープン戦から打順は監督が決めるのか

小久保監督 決めないですよ。そこを考えて知恵を出すのが担当コーチやヘッドコーチ。だから(本番モードになる3月19日に)材料が足りませんよってならないように。

【関連記事】ソフトバンクニュース一覧>>