阪神シェルドン・ノイジー外野手が屋外でのフリー打撃を再開した。宜野座の残留練習に参加。16日から右肘痛で別メニュー調整していたが、回復した模様。「打撃は問題なかった。患部の状態を確かめながら」。今後の実戦出場は未定。昨年の春季キャンプでは腰の張りを訴えるなど負傷でスローペースの調整が続く。「沖縄と相性が悪いのかな。(開幕まで)まだ1カ月あることをプラスに捉えて、100%の状態で臨めるように取り組んでいきたい」と冗談を交えながら、明るい表情で語った。

【関連記事】阪神ニュース一覧