耳の不調でライブ活動無期限休止中の氷室京介(56)の伝説のステージが、映像でよみがえる。ファイナルライブを収録したDVD&ブルーレイ「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」が来年3月1日に発売されることが21日、分かった。

 ファイナルライブは4大ドームツアーで約30万人を動員した。東京ドーム3日間公演は計16万5000人を動員したが、40万件の応募が殺到する人気ぶり。チケットを入手できず、会場外に“音漏れ”を聞こうとするファンは約1000人に及んだ。

 DVD&ブルーレイは、5月23日の東京ドーム最終公演の全35曲約200分を完全収録する。100点以上の写真を収めた48ページのブックレットも付く。全7公演のステージはもちろん、リハーサル中やステージ裏の姿、珍しい笑顔の写真なども収められる。

 初回ボックス限定盤には約90分の特典映像「LE PROLOGUE」も含まれ、ファイナル公演以外の全公演から厳選した16曲を収録する。4大ドームの各会場でのMCも一部収録される。氷室は「7公演全てを通して1つのLAST GIGSなんだ」とこだわりを持っており、「各公演の映像作品を発売してほしい」という声に応える形で制作された。

 氷室は現在、本編の編集制作を行っている。特典映像の監修も手掛けるなど、完全プロデュース作品になる。氷室は「このドームツアーは自分にとって特別なものだった。だからこそ、長年支えてくれたファンのためにも、自分自身のためにも、今のリアルな姿を追求した映像にしたい」とコメントを寄せた。