27日にフジテレビ系で放送されたドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」と連動した、ザ・ドリフターズ(ドリフ)メンバーとドラマ出演者のコラボ動画が話題となっている。前編後編に分かれており、出演者の所属事務所「イザワオフィス」「フォスター」の公式YouTubeチャンネルで公開されている。

ドリフメンバー加藤茶、高木ブー、仲本工事をゲストに迎え、ドラマで加藤を演じた勝地涼、高木を演じた加治将樹、仲本を演じた松本岳がトークを展開している。

「志村けんとドリフの大爆笑物語」は、志村けんさんの半生を描いた作品。志村さん役を山田裕貴が務めた。

27日に配信された「後編」で、「プライベートでドリフのメンバーで集まることはありましたか?」と質問された加藤は「志村とはよく行ったね。志村が最初の頃、何かやっても全然ウケなくて悩んじゃって。一緒に飲みに行っていろんなことを話して。一番大事なのは志村が自分でやりたいことを長さん(リーダーのいかりや長介)にじかにぶつけたほうがいいよって話をした。1年半くらいあいつは悩んだんじゃないかな」と当時の秘話を明かしている。

「みなさんにとってのザ・ドリフターズとは?」との質問に、高木ブーは「ドリフターズがあったから俺がいる。運命だよな」と答えている。