メイプル超合金のカズレーザー(39)が25日、TBSテレビ系「サンデー・ジャポン」(日曜午前9時54分)に生出演。3月28日に東京地裁で開かれるダウンタウン松本人志(60)と、自身の2015年の一般女性への性的行為強要疑惑を報じた週刊文春の第1回口頭弁論について語った。

カズレーザーは「今、こうして開廷に向けて動きだしているこの状況で会見を開くと、松本さんは裁判に不利になるからできない、ってことなんでしょうか?」と疑問を口にした。

サンジャポレギュラーで東京最高裁判事出身の弁護士、細野敦氏(59)は「裁判に影響はなくはないですけど、社会的な発信をまったくしてませんから、記者会見をやった方が、松本さん側に有利に働くということもある。(記者会見を)やるという判断はありうる」と返した。

さらにカズレーザーは「素人的にみていると、対外的に発言した方がいいと思うし、発言してほしいと思っている関係者も多そう。それでもやらない、っていうのは、でも、いろいろと考えれば(松本側は)会見にメリットがないと思ってるんでしょうか」と質問した。

細野氏は「メリットがないと松本さんは考えているんでしょうね。やってもいいですよね」と松本の意図は分からないものの、会見を行うことの意義はあると感じているようだった。

松本の代理人によると、発行元の文芸春秋と週刊文春編集長に、約5億5000万円の損害賠償などを求めているといい、裁判も代理人は「記事に記載されているような性的行為やそれらを強要した事実はなく、およそ『性加害』に該当するような事実はないということを明確に主張し立証してまいりたいと考えております」としていた。

一方、週刊文春編集部は「これまでの報道内容には十分に自信を持っている。訴状の中身を精査し、次号の週刊文春でこちらの主張をしっかりとお伝えする」とコメントしている。