ファッションイベント「第38回マイナビ東京ガールズコレクション2024 SPRING/SUMMER」が2日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

14時から開始したショーでは中条あやみ(27)がトップバッターで登場。白のレースワンピースにネービーのジャケットを羽織ったカジュアルなスタイルで華麗にランウエーを歩いた。続いて、乃木坂46の遠藤さくら(22)、宮本茉由(28)、横田真悠(24)らが登場し、歓声に包まれた。

MCをEXITのりんたろー。(35)兼近大樹(32)元TBSアナウンサー山本里菜(29)が務めた。純白のロングドレスで登場した山本アナは「1日楽しいこと間違いないですね」と笑顔で語った。続いて、生見愛瑠(21)はハローキティと一緒に登場。ハローキティは今年で誕生50周年。ハローキティにちなみ「50年後の自分に」について、生見は「楽しく、明るく、ご飯一杯食べていたいなと思います」と目標を挙げた。 

ファッションブランド「X-girl」のランウエーでは、村重杏奈(25)は、イケメンと話題の弟との姉弟2ショットを披露。弟・匠真(しょうま)くんと手をつないで登場し、ランウエーでほおを寄せ合うと会場から大歓声を浴びた。

みちょぱお腹チラ見せドレス 村重杏奈はイケメン弟と2ショット ラウール登場/TGC写真特集1