広島2位の宇草孔基「番号受け継げるように」赤松道

広島ドラフト2位の法大・宇草孔基外野手(22)が“赤松道”を目指す。

初めて背番号38のユニホームを前に「赤松選手のイメージが強い。まだ受け継ぐに値しない。この番号を受け継げるように日々頑張っていきたい」。先代と同じように50メートル5秒8の俊足を武器とする。プロで走塁技術を磨き、韋駄天(いだてん)街道を突っ走っていく。

その他の写真

  • 広島の新入団選手発表で佐々岡真司監督(右)と握手を交わす宇草孔基(撮影・清水貴仁)