栗山監督「本は頭の中の食事」お家時間でお勧め2冊

  • オンライン取材で推薦図書を紹介する日本ハム栗山監督(球団提供)
  • 北海道栗山町の栗の樹ファームで野球場をバックにテラスでオンライン取材を受ける日本ハム栗山監督(球団提供)

日本ハム栗山英樹監督(58)が16日、お勧めの“お家時間”の過ごし方を紹介した。札幌市内の球団事務所と、同監督が生活の拠点を置く北海道栗山町の「栗の樹ファーム」(一般には閉鎖中)をオンラインでつなぎ取材に応対。自然との対話や読書、古い映像を見返すことなど、新型コロナウイルスの感染予防から自宅での時間が増える中、生活のヒントを打ち明けた。

夜間は0度近くまで気温が下がる日もあるが、ようやく種をまいた草木が芽吹いてきた。「自然と接していると命を感じる。生きていると実感して、頑張らないとと思う」と笑顔。植物を育てることは「命の在り方、成長の時間、すごく勉強になる」と話す。

趣味の読書は、本棚に30冊ほどある推薦図書の中から、大人向けに「人間 この未知なるもの」(アレキシス・カレル著)と「座右の著」という「葉隠入門」(三島由紀夫著)の2冊を紹介。「本というのは頭の中の食事。3日食べなかったら飢え死にしちゃうよ? 10分でもプラスになれば、それでいい」。夜には、古い野球関連の映像を鑑賞して過ごしているという。

「時間の進み方を意識しないと(自分が)変われないと気が付いた」。“お家時間”を生かすも、殺すも、自分次第だ。【中島宙恵】

○…札幌市内で自宅待機中の木田投手コーチが、球団を通じて“お絵描きのススメ”を説いた。「絵は下手で車も描けない。デッサン力が低いので」と謙遜するが、特技は似顔絵を描くことで、球界きっての“画伯”として知られる。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が叫ばれる中「家族の似顔絵を描くのは、いいかもしれない」と提案した。

○…栗山監督が、16日に誕生日を迎えた主将の西川へ「チームのために何が何でも勝つという姿を見ている。絶対的に信頼している」と話した。例年なら球場で多くのファンに祝ってもらえる選手たち。「何か違う誕生日を過ごして、自分たちが、いかに幸せだったか彼も思ってくれているはず。こういう状況だけど、いい1日にして欲しい」と願った。