西武松坂は開幕2軍が決定「無理でしょう」辻監督

  • 西武対中日 6回表に登板する西武松坂(撮影・河田真司)
  • 西武対中日 6回ブルペンからマウンドに向かう西武松坂(左)(撮影・足立雅史)
  • 西武対中日 6回の1イニングを無失点に抑えた西武松坂(中央左)は中日荒木コーチ(右端)とすれ違い際に笑顔を見せる(撮影・足立雅史)

<練習試合:西武11-1中日>◇7日◇メットライフドーム

西武松坂大輔投手が開幕を2軍で迎えることが決定した。

中日との練習試合で3月22日以来77日ぶりに登板。1回無安打1四球無失点で終えたが、試合後に辻発彦監督が「(開幕ローテは)無理でしょう、まだ。ここで1イニングしか投げられないぐらいだったら無理だと思います開幕無理なんでね、下の方でローテーション組めるようになれば上で投げる機会が出てくると思います」と明言した。

2カ月半ぶりの実戦登板を終えた松坂は「今日は試合勘を取り戻す、バッターと対戦することで感覚を思い出す作業がメインでした。やりたいことが全部できたわけではないですが、これから投球回を増やしていく中でいろいろな感覚を取り戻していきたいです」とコメント。登板後はブルペンで18球投げ込んだ。

松坂の投球内容は以下の通り。

▼高橋

ストレート四球

▼アルモンテ

カウント0-1から125キロのスプリットチェンジで右飛

▼井領

カウント1-2からカットボールで右飛

▼堂上

カウント1-2からカットボールで二直