幕下元林「優勝で恩返しを」急逝近大監督に涙で献花

近大相撲部監督で1月18日に急逝した伊東勝人氏(享年55)のお別れの会が22日、大阪市内のホテルで約400人が出席して行われた。同大OBの幕下元林(23=鳴戸)は号泣しながら献花を終えた。

昨春に近大を卒業した元林はまだまげも結っておらず、ざんばら髪で「大学時代のことをいろいろ考えて…」と話した。昨年12月、伊東さんが全日本相撲選手権で東京に来た時、食事をともにした。「最低でも1年半で(十両に)上がらないとな」と言われた言葉が最後になった。

昨年名古屋場所の序ノ口デビューから破竹の3場所連続全勝で各段優勝を飾り、初場所は東幕下14枚目で4勝3敗と勝ち越した。「監督にいつも言われていたのは“基礎をしっかり”“膝を曲げて前に出ろ”“自信を持って行け”でした。厳しくて、優しくて、お父さんのような人。優勝して、恩返しをしたいです」。大阪出身。ご当地となる春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)で全勝優勝となれば、恩師が望んだ1年半より早く、新十両に手が届く。