乃木坂初の東京D公演2日で11万人「もっと上る」

 乃木坂46が8日、全国ツアー最終公演を東京ドームで開催した。前日7日と合わせて11万人を動員した。今年のライブ総動員数46万人は女性グループで最大規模。CDやメンバーの写真集の売り上げ、CM出演数など、どれもが女性グループでトップクラス。名実ともにNO・1アイドルグループとして東京ドーム初公演を成功させた。

 本編ラスト、生駒里奈(21)白石麻衣(25)ら乃木坂46の看板を背負ってきたセンター経験者が次々とあいさつした。堀未央奈(21)西野七瀬(23)は涙ぐんだ。生田絵梨花(20)は「これからもずっと坂を上り続けるグループであれたらいいなと思います!」。加入当時中1だった斎藤飛鳥(19)は「東京ドームは1つの夢でしたが、乃木坂46は全然ここで止まるべきではないと思うし、これからも、どんどんさらなる高みに上っていきたい!」と力を込めた。5万5000人から大歓声を浴びた。

 乃木坂46は今年、多くのファンを魅了し続けた。2月のさいたまスーパーアリーナ公演3日間で10万5000人を動員。7月の神宮球場から始まったツアーは6会場16公演で29万人を沸かせた。ラストの東京ドーム2公演は11万人席に約55万の応募が殺到した。選抜漏れしたメンバーによる「アンダーライブ」や、3期生の単独公演を含めると年間で約46万人のファンを集めた。AKB48グループや、ももいろクローバーZを上回り、今年の女性グループ最多のライブ動員数を記録した。

 勢いはライブにとどまらない。グループとして「セブン-イレブン」「バイトル」、メンバー単独でも白石麻衣の資生堂「マキアージュ」など計15本以上のCMに出演。メンバーそれぞれが写真集を発売し、6月に発表されたオリコン写真集ランキングでは上位7作を独占、計59万部を売り上げた。シングル「インフルエンサー」「逃げ水」もミリオンセラーを達成。11年8月の結成から6年3カ月、女性アイドルグループの頂点に立った。

 この日は小細工はしなかった。「制服のマネキン」から始まり、終盤は生田絵梨花のピアノ演奏をバックに代表曲「君の名は希望」を歌った。奇をてらわない直球勝負だった。

 アンコールのラスト、キャプテン桜井玲香(23)が叫んだ。「東京ドームよりもすごいとこ、いっぱいありますよね! 皆さんを、もっとすごいところまで連れて行きますので、楽しみにしていてください! ありがとうございました!」。上り始めた坂道のてっぺんは、まだまだ先にある。【横山慧】

<乃木坂46ライブ会場規模の変遷>

 ▼2000人 12年8月13日に大阪・Zeppなんば、同14日に愛知・Zepp名古屋、同12月27日にZepp東京。

 ▼9000人 13年2月22日に千葉・幕張メッセ。

 ▼1万2000人 同10月6日に東京・代々木第1体育館。同12月20日に東京・日本武道館。

 ▼1万3000人 14年2月22日に神奈川・横浜アリーナ。

 ▼3万人 同8月30日に東京・神宮球場。

 ▼3万8000人 15年2月22日に埼玉・西武ドーム。

 ▼計10万5000人 17年2月20、21、22日 さいたまスーパーアリーナ。

 ▼計11万人 11月7、8日に東京ドーム。

このニュースの写真

  • 白い衣装で歌う乃木坂46。手前左から西野七瀬、斎藤飛鳥、白石麻衣
  • 「インフルエンサー」をパフォーマンスする乃木坂46。手前左から西野七瀬、白石麻衣、斎藤飛鳥