中村倫也「ギャラ要求しなきゃ」映画でカメラマンも

  • 映画「水曜日が消えた」の舞台あいさつに出席した主演の中村倫也(c)2020「水曜日が消えた」製作委員会

俳優中村倫也(33)が3日、都内で、主演映画「水曜日が消えた」(吉野耕平監督、公開中)公開記念の生中継舞台あいさつを行った。全国87スクリーンに中継された。

中村は、共演の石橋菜津美(27)深川麻衣(29)に「いるだけでほわっとして、現場に入ると締まる」「ナチュラルで遊び心がある」などと褒められ、「主演に慣れてないので、こんなにもいろんな人が僕のことについて話すことに慣れてないです」と照れていた。

曜日ごとに人格が入れ替わる役。一人芝居の場面も多く、携帯で自撮りしている場面もある。「カメラマンもやってるんです。別途ギャラも要求しなきゃなって思ってるんです」と笑わせた。

中村は「宣伝では、7人格! がメインでいってましたけど、ささやかでじんわりと手の中に残る手触りがある作品」とPRした。