五戸美樹アナ「声・脳・教育研究所」を立ち上げ

フリーアナウンサー五戸美樹(34)が「一般社団法人 声・脳・教育研究所」を立ち上げたと22日深夜、パーソナリティーを務める文化放送「走れ!歌謡曲」の中でファンに報告した。副代表理事を務める。

「声の教育と研究を行う法人を立ち上げました。本物の『声の知識』と『声のスキル』を伝えて、声の研究と教育のために専門家が自由に情報交換できる団体にしたい」と趣旨を説明。声のオンライン教材の制作や、認定ボイストレーナーの養成も行っていくという。

1986年に埼玉県で生まれた五戸は、お茶の水女子大卒後、09年にニッポン放送にアナウンサーとして入社。「三宅裕司のサンデーハッピーパラダイス」などを担当し、15年以降はフリーアナウンサーとして活動。イベント司会やトーク講座の講師を務めるなど、幅広く活躍している。

著書に「人前で輝く!話し方」「就活のリアル21年度版」などがある。