松本穂香「忘れないで欲しい」瀬戸利樹の純粋さ称賛

  • アニメ映画「君は彼方」の初日舞台あいさつで笑顔を見せる松本穂香(撮影・たえ見朱実)

松本穂香(23)瀬戸利樹(25)が27日、TOHOシネマズ池袋で、アニメ映画「君は彼方」(瀬名快伸監督)初日舞台あいさつに登壇した。

交通事故で“世の境”に迷い込んだ女子高生の澪が、元の世界に戻るため奮闘する青春ファンタジー。

2人は声優を務める。松本はコロナ禍で初日を迎えられたことに「このご時世に、これだけたくさんの方に集まっていただけることがうれしいです。この時代だからこそ響く映画。たくさんの方に見ていただきたいと思います」と話した。

「お互いにこれだけは伝えておきたい」というテーマでトークすると、松本は瀬戸の純粋さを称賛。「厳しい世の中ですが、まっすぐさと純粋さを忘れないで欲しいなと思います」。話す際の瀬戸の様子についても「お話しする時にまっすぐ見つめてくれる。犬のように。ワンコのようなまっすぐさを持っている方は、なかなかいないなと思う」と笑った。

一方、瀬戸は松本について「声がめちゃめちゃいいです!心地よくなる声で、フワッとした気持ちにさせてもらえます。耳がすごく幸せでした」とアフレコを振り返った。お互いをたたえる結果には「何のほめ合いですかね」と照れていた。