U20代表安部弾で練習試合ドロー 森保監督も視察

サッカーのU-20日本代表候補が千葉合宿最終日の16日、全日本大学選抜と練習試合を行い、MF安部のPK弾で1-1と引き分けた。

5月上旬に予定されるU-20W杯ポーランド大会(5月23日開幕)メンバー発表前最後の活動。3日間の合宿ではセットプレー練習に時間を割いたが、安部は「そういうところから失点はしなかった。欲を言えばそういうところから得点を奪えれば良かった」と収穫と課題を口にした。

五輪代表監督を兼任する森保一日本代表監督も視察に訪れ、「世界の舞台で思い切ってプレーして、選手個々の武器を見せてほしい」とエールを送った。

その他の写真

  • 練習試合を視察する森保一日本代表監督(中央)。左はU-20日本代表MF伊藤、右は全日本大学選抜FW旗手
  • U-20日本代表対全日本大学選抜 ボールキープするU-20日本代表FW西川