王者神戸製鋼が18日ヤマハ発動機戦に向け静岡入り

ラグビーのトップリーグ2連覇を目指す神戸製鋼は17日、ヤマハ発動機戦(18日、静岡・ヤマハスタジアム)に向けて現地入りした。

阪神・淡路大震災から25年となり、神戸市内で行われた練習前には黙とうを実施。元ニュージーランド代表SOカーターは、15年W杯日本代表の相手FB五郎丸を「素晴らしいキッカー。ゴールキックを減らしたい」と意識しつつ、的確な試合運びで2連勝を狙う。