リーグワンで推しの子探して憧れるのやめてアレしに来ないとひき肉です-。

高校までラグビーに打ち込んだ人気お笑いコンビ「和牛」の川西賢志郎(39)が1日、国内リーグ「リーグワン」のキャッチコピーを考えた。

東京・秩父宮ラグビー場で行われたリーグワンとイオンモールの地域共創パートナー締結式に参加。この日は「現代用語の基礎知識選 2023ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞とトップ10の発表日とあり、トークセッションの中で司会者から「他のニュースに負けないように芸能デスクにアピールしてほしい」とリーグワンのキャッチコピーを考えるよう促された。

初めに切り出したのは、ラグビー芸人のしんやだった。

「リーグワンは4年に一度じゃない 1年に一度だ!!」

19年W杯日本大会時の公式キャッチコピー「4年に一度じゃない。一生に一度だ」からヒントを得て、アピールした。

続いてバトンを受けたのが、和牛・川西だった。

「リーグワンで推しの子探して憧れるのやめてアレしに来ないとひき肉です」

23年の新語・流行語を、これでもかと詰め込んだコピーを披露。「何かに(検索ワードで)引っかかって、リーグワンに飛ぶ」と笑わせた。

最後はジャルジャル。ラグビーに関するネタで前置きをした上で、勢いのままに発表した。

「せーの! ラグビー!!」

シンプルなコピーで拳を掲げると、審査員役となっていた元日本代表の五郎丸歩氏(37=静岡ブルーレヴズ・クラブリレーションズオフィサー)が「ラグビーというキーワードを出していかないと(ファン以外に)伝わらない」と絶賛し、最優秀作品に選んだ。

リーグワンは12月9日に3季目のシーズンが開幕。イオンモールと手を組むことで、全国各地に散らばるチームが商業施設でイベントを行う後押しになる。

五郎丸氏は「リーグワンは来週土曜に開幕します。まずはこれを知っている方々が日本にどれだけいるか。大きな問題点。イオンさんとのイベントでラグビーを知らない方、ファミリー層にメッセージを伝えることができると思います」と期待を込めた。【松本航】