日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

【広島】22歳前田健リーグ最年少投手3冠

日記を書く

引退する高橋建(左)を握手でねぎらう前田健(撮影・沢野健太)
引退する高橋建(左)を握手でねぎらう前田健(撮影・沢野健太)

 セ・リーグ11年ぶりとなる投手3冠を、広島の前田健が成し遂げた。奪三振で2位だった村中が数字を伸ばせず、最多勝、防御率に加えて3つ目のタイトルを獲得。「カープで初めてだとか、リーグ最年少というのが一番うれしい」。22歳の右腕が名実ともにリーグを代表する投手になった。

 4年目の今季、掲げた目標の1つはエースになることだった。打線の援護がなくても言い訳はしない。猛暑だった夏場に疲労などで苦しんだが、投球回数215回3分の2はリーグトップの数字となった。開幕前には「候補の1人」としていた野村監督も、シーズン途中から前田健を「エース」と呼ぶようになった。

 自身の立場の変化について、前田健は「求められるものも高くなってくる。去年までは試合をつくれば評価してくれたけれど、ことしは勝たないといけなかった」と明かした。重圧に耐え、周囲の期待に応え続けた。球場からの帰り際、「しばらくはゆっくり休みたい」と話した表情に、充実感がのぞいた。

 [2010年10月10日23時46分]


関連ニュース





このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  阪神第2の秋山獲りへ南陽工・岩本検討 - 野球ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです