日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

目黒祐樹長女の近衛はな脚本家デビュー

日記を書く

 俳優目黒祐樹の長女で女優の近衛はな(28)が脚本家デビューする。NHKドラマスペシャル「白洲次郎」で、第2回(7日午後9時放送)からタイトルロールに「脚本・近衛はな」の名前が登場する。演出の大友啓史監督に自ら売り込んでの執筆で、戦後日本の復興に尽力した人物を描ききった。

 英語に仏語だけでなくロシア語までも話す近衛は当初、ドラマ「白洲次郎」に取材通訳も兼ねたアシスタントプロデューサー的な役割で参加していた。「昔から(白洲の妻)正子さんに関心がありまして。取材や打ち合わせを重ねているうち、頭の中に書きたいシーンがあふれてきたんです」。抑えきれぬ思いで書き上げたものを監督に見てもらうと、採用された。先週放送の第1回は「脚本協力」の形だったが、正式に依頼を受けた第2回からは「脚本家」として名前が登場する。

 学生時代から「時間があると何かコツコツと書いていました」。小説、戯曲など書きためているものも数本あるという。昨秋には本名で詩集も発表。執筆活動は趣味の域を超えていた。それでもスペシャルドラマの脚本という大役は苦労の連続だった。「50回は書き直しました。もともと白洲次郎自身が書いたものは少ないんです。いろいろな方のアドバイスを受け、ようやく立体的な白洲像ができてきました」と周囲の支えに感謝した。

 父目黒をはじめ母は女優江夏夕子、祖父は時代劇俳優の近衛十四郎、叔父は松方弘樹という俳優一家だ。「家で一生懸命にけいこしている両親を見て育ったので。私にとっては一番身近な職業でした」。昨年公開の映画「明日への遺言」で女優デビュー。芸名は尊敬する祖父と、大好きな花から選んだ。「祖父のお墓に行って『名前をいただいていいですか』とお願いしてきました。名前に恥じないように頑張らないと」。

 女優に脚本家の肩書が加わった。だが“二足のわらじ”とは思わない。「演じることも書くことも、表現するという意味では同じことだと思う。どちらも楽しいし、成長できる」。すでに映画の脚本も書き上げており、来月にはドラマ出演も決定。4カ国語を操る才媛が、大輪の「はな」を咲かせ始めた。

 [2009年3月6日6時50分 紙面から]


関連ニュース




このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  小泉今日子が初体験?で「ちびりそう」 - シネマニュース
  2. 2  キンシャサ迫力欠ける併入/オーシャンS - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです