日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

ケニアV 日本は2位/国際千葉駅伝詳細

<陸上:国際千葉駅伝>◇23日◇千葉県総合スポーツセンター発着◇6区間(男女各3区間)42・195キロ◇天候=雨、気温10・9度、湿度75%、北北西の風1・2メートル(午後1時7分スタート時)

 ケニアが優勝。日本は最後まで首位争いを演じたが惜しくも2位に終わった。

<1区5キロ=男子>

 日本学生選抜の大谷遼太郎がスタートから飛び出す。先頭で競技場を出た。3キロ過ぎ、日本の大迫傑が先頭に。ケニア、ニュージーランド、ロシアと首位集団を形成。その後ニュージーランドがスパート。13分29秒でタスキリレー。2秒遅れの2位で日本・大迫がタスキリレーした。以下3位=ロシア、4位=カナダ、5位=千葉選抜、6位=ケニア、7位=日本学生選抜、8位=ノルウェー、9位=米国、10位=ポーランド。

<2区5キロ=女子>

 日本は吉川美香がすぐにトップを奪う。後ろからケニアのチェロノが猛烈な勢いで追いかける展開。3・3キロ付近でケニアが日本を抜きトップに立った。ケニアがそのまま1位で3区へタスキリレー。28分51秒。2秒遅れで日本。吉川、よく頑張った。以下3位=ロシア、4位=米国、5位=日本学生選抜、6位=千葉選抜、7位=カナダ、8位=ニュージーランド。

<3区10キロ=男子>

 ケニア・ソイを日本・窪田が追う。4・6キロ付近で窪田がソイを抜いた。再びソイが抜き返す。そして並走。激しいデッドヒートを続けながら中継点へ向かう。残り500メートルで体一つリード。残り200メートルで突き放した。しかしソイが100メートルで再び抜き返し1位でタスキリレー。57分54秒。直後に2位日本。以下3位=ロシア、4位=米国、5位日本学生選抜、6位=ニュージーランド、7位=カナダ、8位=千葉選抜。

<4区5キロ=女子>

 日本は尾西美咲。ケニアのジェプトゥーと並走。しかし2キロ過ぎ、尾西が遅れ始めジェプトゥーに引き離される。ケニアが1時間13分34秒で1位。30秒遅れて日本が2位。日本から45秒遅れて3位米国、以下4位=ロシア、5位=日本学生選抜。

<5区10キロ=男子>

 日本は上野裕一郎。1位ケニアを追走。後ろからは3位米国が追い上げる。米国の走者はロンドン五輪1万メートル銀メダリストのラップ。7・5キロ過ぎ、日本の上野がケニアのモシマをとらえトップに立った。しかし米国も猛追。100メートルを切ってきた。アップダウンの激しい終盤。最後の下りで上野がモシマを突き放した。1時間42分50秒。日本が1位でタスキリレー。11秒遅れて2位ケニア、16秒遅れて3位米国。以下4位=ロシア、5位=日本学生選抜。

<6区7・195キロ=女子>

 アンカーは新谷仁美。2・4キロ過ぎ、ケニアのチェプクルイに追いつかれ抜かれた。どこまで踏ん張れるか。4キロ過ぎ、ここまで必死にケニアに食らい付いていた新谷が遅れ始める。それでも10メートルほどの差をキープしたまま離れない。残り2キロを切った。しかしジワジワと差が広がってしまった。ケニアのチェプクルイが競技場へ入る直前にコースを間違えたが大事に至らず。チェプクルイはトラックに入ってもゴールが分からず戸惑ったような走りでスピードを緩めたが、そのままトップでゴール。2時間5分6秒で優勝した。日本は2位。3位に米国が入った。以下4位=ロシア、5位=日本学生選抜、6位=カナダ、7位=ニュージーランド、8位=千葉選抜。

※タイムは速報値

 【出場チーム】

日本、日本学生選抜、千葉選抜、オーストラリア、カナダ、チェコ、フィンランド、ケニア、韓国、ノルウェー、ニュージーランド、ポーランド、ルーマニア、ロシア、米国

 ◆日本代表メンバー

1区=5キロ 大迫傑(21=早大)

2区=5キロ 吉川美香(28=パナソニック)

3区=10キロ 窪田忍(20=駒大)

4区=5キロ 尾西美咲(27=積水化学)

5区=10キロ 上野裕一郎(27=エスビー食品)

6区=7・195キロ 新谷仁美(24=ユニバーサルエンターテインメント)

 [2012年11月23日16時30分]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞