日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

雨、寒さ無縁のケニア逆転V/駅伝

<陸上:国際千葉駅伝>◇23日◇千葉県総合スポーツセンター発着◇6区間(男女各3区間)42・195キロ◇天候=雨、気温10・9度、湿度75%、北北西の風1・2メートル(午後1時7分スタート時)

 長距離王国・ケニアが底力を発揮し、2時間5分6秒で連覇を達成した。誰もが「こんな寒い雨の中でのレース経験はケニアではない」という状況でも、レース直前に話し合った大会記録(2時間4分40秒=昨年のケニア)更新を目標にスタート。1区のロンドン五輪男子5000メートル銅メダリストのトーマス・ロンゴシア(24)がトップのニュージーランドから35秒差の6位と出遅れたが、4区のロンドン五輪女子マラソン銀メダリストのプリスカ・ジェプトゥー(28)らの快走で、アンカーが逆転した。

 連覇を味わったロンゴシワは「3、4キロで体がこわばって動かなかったけど、チームとしては戦略通りのレースが出来た」と結束のVを強調。アンカーのジョイス・チェプクルイ(24)は、新谷が持つ記録を31秒も更新する区間新で女子MVPを獲得し「日本の皆さん、ありがとう」と感謝の言葉を語った。

 [2012年11月23日19時25分]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞