日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 箱根駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝

堀端失敗スパート…監督も苦笑/マラソン

<福岡国際マラソン>◇2日◇平和台陸上競技場発着(42・195キロ)

 日本勢トップ2位の堀端宏行(26=旭化成)は、反省の走りだった。ペースメーカーがつく30キロまで「何も考えず、まわりと同化するかのように」と快走。あまりの調子の良さに「行っちゃえ」と仕掛けたが、32キロ地点ですぐに追い付かれてしまった。

 旭化成の宗猛監督も「流れで行けてて力みがないし、今日は行けるかなと思ったら表情が変わった」と苦笑する失敗のスパートだった。その後、優勝したジョセフ・ギタウ(JFEスチール)には振り切られたものの、36・5キロで第2集団から抜け出し、自己ベストの2時間8分24秒でゴールした。

 この日は宗監督の指示で時計をつけておらず、「7分台を出せると思っていたけど、競技場のゲートをくぐってタイムを見て厳しいなと思った」。それでも「積極的に前に出られたのは収穫です」と笑顔を見せていた。

 [2012年12月2日19時43分]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞