日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

中大が箱根連続出場「86」に伸ばす

箱根駅伝予選会で7位入賞し、本戦出場を決め喜ぶ中大の選手たち(撮影・鈴木正章)
箱根駅伝予選会で7位入賞し、本戦出場を決め喜ぶ中大の選手たち(撮影・鈴木正章)

<箱根駅伝予選会>◇18日◇陸上自衛隊立川駐屯地-立川国営昭和記念公園(20キロ)

 苦戦が予想された名門・中大は10時間11分37秒の7位で、本戦の連続出場回数を「86」に伸ばした。

 この連続出場回数はじめ、89回の出場回数、総合優勝14回と、いずれも最多を誇る随一の名門も、前回は予選会12位(前回は13位まで出場)で、11月の全日本も予選で敗れ出場が果たせないでいた。戦前の予想でも、10位のボーダーライン上と見込まれていたが、ふたを開ければ安定した走りで、5キロごとのラップでも5~7位をキープした。

 浦田春生監督は「選手には、ここは本戦を戦うための通過点、と言ってきた。(連続出場が途切れる)覚悟はあったが、前向きに考えていました」と振り返った。エースの新庄翔太(4年)は「下馬評を見返してやろうと思っていました。箱根には(キャプテンの)永井(秀篤=4年)も戻ってくる。これを通過点に箱根で勝負します」と気合を込めた。

 [2014年10月18日17時41分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞