[ 2014年6月18日8時16分

 紙面から ]<W杯:イラン0-0ナイジェリア>◇1次リーグF組◇16日◇クリチバ

 イランがアジア勢で最初の勝ち点を奪った。4度目の出場で初めての無失点試合だった。カルロス・ケイロス監督(61)は「現実的な試合運びをした。強い相手と対等に戦った選手をたたえたい」。ボール保持率は37%、シュート数も7-10と相手を下回ったが、人数をかけてスペースを消すなど守備的戦術でドローに持ち込んだ。しかし低調な試合運びに観客からは激しいブーイングも。指揮官は「4、5ゴール見たいのは理解できる。でもそれより勝ち点1を選んだ」と振り切った。

 ◆最も遅い引き分け

 開幕から13試合目で初めての引き分けは大会史上最も遅い記録だった。1934年第2回イタリア大会の11試合目を上回った。引き分けがなかったのは13チームが出場した30年の第1回ウルグアイ大会のみで、19大会中18大会であった。また32チームで争う現行方式になった98年フランス大会以降は、いずれも第2日までに引き分けがあった。