AKB48の柏木由紀(27)が、NMB48山本彩(25)の卒業を祝福し、「後輩だけど心の底から尊敬してます」との思いをつづった。

山本は4日、NMB48劇場で卒業公演を行い、アイドル活動に終止符を打った。柏木は同日更新のツイッターで、山本とのツーショット写真をアップし「さや姉おつかれさまでした」とねぎらった。

かつてNMBを兼任していた柏木は「後輩だけど心の底から尊敬してます。NMB兼任も含め、お世話になりました」と感謝し、「本人には面と向かって言えないけど大大大大大好きです!!!」とつづった。

また、卒業公演で山本からチームNのキャプテンを託された小嶋花梨はブログで「最後までかっこいい背中を見せて下さりました。8年間お疲れ様でした」とねぎらい、「時間がどれくらいかかるかわかりませんが、私にしかなれないキャプテンになります。彩さんが8年間守り愛し続けてくれたNMB48 これからは私が愛し続けます」と意気込みをつづった。

メキシコ留学中のAKB48入山杏奈はツイッターに自身が撮影した山本の写真をアップし、「卒業おめでとう。本当に本当におつかれさまでした...支えてくれてありがとう」と感謝の言葉をつづり、「今度こそメキシコで待ってるね!笑 友達として1ファンとしてこれからもずっと大好き」とメッセージを送った。