立川志らく(57)が29日、MCを務めるTBS系「グッとラック!」(月~金曜午前8時)に出演し、3月末で同番組の放送終了を正式に生発表した。

番組終盤に志らくは「かねてからうわさをされていました『グッとラック!』の去就でございますが、うわさ通り、3月いっぱいをもって終了することになりました」と報告。

番組には必ず終わりが来ると話し「私はこの番組を引き受けたときには、信条があって、信念があって、どんなことでもふざけますよ、と。それによって視聴者からおしかりを受けることがあるけれど、ときたま、ときおり、真実がころがっていることがある。どんなに真剣に語り合ったとしても、そこには見つけられない真実がある場合があるから、それを視聴者のみなさんに拾っていただこうと思っていました」と番組への思いを語った。

そして「それがお笑いや喜劇の存在価値ですね。ふざけたところに真実がある。そのつもりでやってきました」。

その上で「とりあえず、22年もやって参りましたので、あ、それは『とくダネ!』の小倉(智昭)さんでございました」と、同様に3月いっぱいで終わる他局の番組を交えて笑いを誘いつつ「『1年半、短っ』という言葉もありますが、太く短く、細く短く? いや太く短く私は楽しんだつもりでございます」と思いを明かした。

「ものごとに忖度(そんたく)せずに、なるべくうそをつかずに、どんどんやって、終わったときに『あー志らくロス』という言葉が広がるような、そんな番組作りをしていきたい」と誓った。

同局広報は、番組終了について「事実です」と答え、4月以降の後番組については「調整中」とした。

同番組は19年9月30日にスタート。昨年9月にはコメンテーターなどを大幅に入れ替えるてこ入れをはかったが、視聴率が伸び悩んでいた。