元NHKアナウンサーの神田愛花(43)が11日、フジテレビ系「ぽかぽか」(月~金曜午前11時50分)に生出演。ゲストで登場したお笑いコンビのおぎやはぎの小木博明(52)から投げかけられた厳しい言葉を明かした。

神田の夫、バナナマン日村勇紀とは週刊誌で最初に交際が報じられた。神田は小木と1度も会ったことなく、日村とは仲がよいという関係性で「あんな女と別れたほうがいい」と小木のラジオで言われたことを打ち明けた。

さらに神田は「会ってたらいいですよ。発言に力があるから、こっち(神田)に来るわけですよ。そっからずっと好きじゃない」と話して爆笑した。小木も「確かにね、会ってたらね」と恐縮しつつも「結婚する寸前まで日村さんに反対していた。まだやめられるよって」と話していたことを明かした。さらに小木から「会うといい子だなぁって」とフォローされるも「(当時は)書き込みしたいほど、俺も嫌いだった」と言われた。