日向坂46のデビュー5周年を記念した公式ブック「H46 MODE vol.1」(3月19日に光文社から発売)の、佐々木美玲(24)佐々木久美(28)加藤史帆(26)の一期生トリオが横浜デートに臨んだ先行カットが22日、公開された。

横浜ランドマークタワーの展望フロアから街を見下ろしたり、海沿いの山下公園を散歩したりと、仲良しの3人が日向坂46の5年間を振り返りながら、思い出を語り合ったという。

久美は「先輩グループが5周年、10周年といった節目を迎えられるところを『すごいな』と思って見ていたんですけど、いざ自分たちがその立場になると不思議な感覚です。意外とあっという間だった気がします」と話し、美玲は「5年は一瞬でした。この5年間でいろいろな経験をさせていただき、とても満足しています。ただ、日向坂46はまだまだ上を目指すグループなので、どんどん進化するグループになれたらと思っています」と意欲を語った。

また、加藤は「もう5年もたったと思うとびっくりです。(卒業するメンバーも増えて)ずっと一緒に活動できるわけじゃないんだと思うと、今を一緒に楽しまなきゃって思います」とコメント。お互いの第一印象から後輩のこと、これから日向坂46を目指す人へのアドバイス、6年目の展望などたっぷりと語っているという。

同書は一期生から四期生まで全メンバー29人を「ハッピーオーラを感じるとき」をテーマに撮り下ろしし、インタビューを掲載。4月5日に卒業コンサートを控える齊藤京子の卒業ロングインタビューも収録する。また二期生の河田陽菜×丹生明里の「おみそしるコンビ」、四期生の正源司陽子×藤嶌果歩の同期対談なども掲載する。

けやき坂46(ひらがなけやき)時代も含めた日向坂46の全楽曲&MV特集、アンケートによる全メンバーファイルほか、5年間を振り返るメモリアルな特集、メンバーを深掘りした企画も収録するという。