年俸低いけど…広島小園が100万で根尾らもてなす

広島小園海斗内野手(19)が13日、再開された1軍練習に合流した。

「前回は本当に悔しかった。積極的にやっていきたい」。前回2軍降格となった1日からわずか12日での1軍復帰に向けて鼻息は荒い。

11日フレッシュ球宴では先頭打者弾でMVPを受賞し、後半戦に弾みをつけた。獲得した賞金100万円は試合後に食事をともにしたロッテ藤原と中日根尾に食事代を支払わされることになったが「賞金合わせても僕の方が(年俸が)少ないんですけどね」と首をひねりながら笑った。

フレッシュ球宴で得たのはMVPだけではない。純粋に野球を楽しむことの重要性を再確認した。「楽しんでやれれば。そこに限る。その意識は変えずにやりたい」。再合流した広島1軍でも「楽しんでやれ」と声をかけられた。「前回(の1軍)は初めてのことだったので、いつも以上の緊張があった。次は安定した気持ちでいければ。気持ちづくりも大切」。新人だからこそ、求められる姿勢でもある。まだ責任を取る立場にはない。失敗を恐れない姿勢で、11連敗中のチームに新風を吹かせたい。