ソフトバンク松本裕樹は現状維持、来季の雪辱誓う

ソフトバンク松本裕樹投手(23)が3日、福岡市中央区のヤフオクドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み、現状維持の年俸1200万円で契約を更改した。

今季は7試合に登板。腰痛に悩まされた1年だった。「球団からは試合数は少なかったがそれなりの成績を残してくれたと言ってもらえました」と交渉を振り返った。

来季6年目の右腕は「自分としては1年間、投げ続けることができなかった。今後はまず自分の体を知って、きたえるだけでなくバランスなども考慮していきたい。来季はオープン戦ではしっかりA組に入ってアピールしていきたい」と雪辱を誓った。(金額は推定)

その他の写真

  • 契約更改を終え記者の囲み取材に応じる松本裕樹(撮影・今浪浩三)