札幌ミシャ監督ファン感で熱弁9分「タイトル獲る」

北海道コンサドーレ札幌は22日、札幌・宮の沢でイベント「サポーターズデー」を開催した。ミハイロ・ペトロビッチ監督(61)がサポーターへ、クラブ初のタイトル獲得を約束した。過去最多約4800人が来場したイベントの最後にマイクを持った指揮官は、9分間ものトークで感想や感謝の気持ちを伝えた。G大阪と準決勝(10月)に臨むルヴァン杯について「とにかくファイナルに駒を進め、カップを掲げるために全力を尽くしたい」。力強い約束に拍手が起こった。

FW鈴木武蔵(25)は、14日仙台戦後に4日間、へんとう炎で入院していたが、回復し元気な姿で初参加のイベントを楽しんだ。「『日本代表頑張ってください』などと耳にした。それだけ多くの期待を背負ってるんだと感じた」と喜んだ。チームはリーグ戦次節28日アウェー鹿島戦へ向けて24日から練習を再開する。

その他の写真

  • 札幌の選手やスタッフと来場者で表現したコレオグラフィー