日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

ウオッカ鼻差V!牝馬初7冠/ジャパンC

ジャパンカップを制したウオッカとルメール騎手(中央)
ジャパンカップを制したウオッカとルメール騎手(中央)

<ジャパンC>◇29日=東京◇G1◇芝2400メートル◇3歳上◇出走18頭

 ウオッカ(牝5、栗東・角居)がC・ルメール騎手(30)の手綱でオウケンブルースリとの死闘を2センチ差で制し、3度目の挑戦で悲願をかなえた。JRA7冠は、シンボリルドルフやテイエムオペラオー、ディープインパクトと並ぶ最多。

 残り300メートル。ルメールは満を持してゴーサインを出した。右ステッキ一発の魔法で急加速したウオッカが、ゴールへとひた走る。大歓声が後押しする。残り100メートル。外から迫るオウケンブルースリとの一騎打ち。ルメールは再びステッキを入れた。そのひと振りが最後の気力を与えた。ほとんど同時のゴール。写真判定の末、掲示板の最上位に、5の数字が上がった。秋は勝利に見放されていたウオッカが、7冠目を奪った。角居師、ルメール、岸本助手ががっちり抱き合った。岸本助手はあふれる涙を抑えられない。2センチの微差は昨秋の天皇賞と同じ。やはり歴史的名牝は、女神に守られている。 「ムチを1つ使って粘ってくれた。あそこで踏ん張ってくれて、すばらしい馬とあらためて思った」。角居師からの指示は「5~6番手の好位で運んでくれ」。リーチザクラウンが作る速い流れをすんなりと好位で折り合い、2400メートルをギリギリもたせた。「一番大事なのはリラックスさせて走らせること。フランスでは行きたがる馬に慣れていると思ったんじゃないかな」。初コンビでも意思は十分に通じ合っていた。「クラの下でいつでもエンジンが全開になれるような、そんな感触。今日はウオッカがチャンピオンでした」と強さを絶賛した。

 ウオッカにとって世界に名の知れたJCは、欠かせないタイトル。3歳時は4着、昨年も3着と届かなかった。距離不安や限界説を吹き飛ばすべく、陣営はカンフル剤としてルメール起用を決めた。角居師は「厩舎の事情で替えたいなと思った。ウオッカが掛かるイメージを持っていない騎手も1つの手かなと思った」と、乗り替わりの経緯を初めて明かした。

 7度目のJC挑戦で夢をかなえたルメールも思いは同じだった。2度の2着。特に05年のハーツクライでは鼻差でアルカセットにさらわれた。レース前は「ネガティブな心境だった」。先週16クラで未勝利に終わったふがいない気持ちを、験担ぎによって紛らわせた。調整ルームで、ある部屋を希望。そこにはアルカセットで勝利したデットーリのサインが書かれている。JC3勝ジョッキーが泊まった部屋で、風向きを変えた。

 「ダービーを勝った時もすばらしかったしファンの方にも愛されているんだなと思った」と名手は名馬を褒めた。ウオッカにかかわるすべての人の熱意が世界の壁を打ち破り、頂点へといざなった。【山本幸史】

 [2009年11月30日8時16分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

ウオッカ

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  ウオッカ鼻出血有馬アウト、30日進退結論 - 競馬ニュース
  2. 2  リーチ抑え利かず…失速9着/ジャパンC - 競馬ニュース
  3. 3  ヒーロー13着、直線伸び欠く/ジャパンC - 競馬ニュース
  4. 4  ブルースリ2センチ届かず…/ジャパンC - 競馬ニュース
  5. 5  JCダートの目玉サマーバード骨折で回避 - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです